スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
1月21日(金)のYukitan
2011 / 01 / 21 ( Fri )
体重56.6kg・・・。

兄のところにあった未開封のお米5kg(母が送った物)。
ちょっとたばこくさかったけど、うちのお米2カップとそれ1カップで炊いてみたら・・・
やっぱたばこくさかった!
「おいしくないお米にはお餅を削って入れるといい」とNHKで言ってたので入れてみたけどだめだった100円ショップで竹炭買ってきたけど、無理かもね~~~。炊いたやつはなんとか食べるけど、お米は捨てるしかないか

推定40年くらい前に製作されたTBSドラマ「女と味噌汁」をやっと見ることができた。
池内淳子がめちゃくちゃいい!演技といい、身のこなしといい、素晴らしい。
そういえば30年くらい前、中村雅俊と共演した時もすごくよかったっけ。

今回の「女と味噌汁」では、夫婦喧嘩をした女性に教え諭すんだけど、そのさわやかさと言ったら。
決して責めず、否定せず、明るい声で。理想的なカウンセリング、私もああありたい。

スポンサーサイト
20 : 20 : 20 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1月18日(火)のYukitan
2011 / 01 / 18 ( Tue )
体重55.8kg。

着物10枚、帯5本売って3万7千5百円になった、思ったよりよかった。
引き取りに来てくれたおじさんいわく「染みや汚れがあると値が下がる」と。
さすがにプロは手際よく、ちゃっちゃとめくってどんどん染みを発見してた(笑)。

ベッドの下の箱をあけたら、まだ読んでなかった兄がくれた猫まんががあったので読んだら、めっちゃおもしろかった。
「ねこのおくりもの」秋元尚美・・・猫と暮らす女の子がつらい時期を乗り切っていく話4話、泣ける!
「猫ラーメン①」そにしけんじ・・・ギャグまんが、ありえない設定で爆笑。
「女いっぴき猫ふたり」伊藤理佐・・・エッセイ風まんが、30代半ばの作者と猫の毎日、超笑える。

たまたま見た「ジャスト・マリッジ」という映画に出てた主人公の女の子、どこかで見たことあると思ったら、「ラーメンガール」にでてた子だった。でもアシュトン・カッチャーといい彼女といい、あんまりよくなかったなあ。

短期の仕事を探してインターネットで応募してるけど、全敗。

22 : 55 : 41 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「動物はすべてを知っている」J.アレン・ブーン著
2011 / 01 / 04 ( Tue )
「動物はすべてを知っている」J.アレン・ブーン著。

剛さんがくれた本、素晴らしくよかった。
著者がハリウッドの名優犬、シェパードのストロングハートとの共同生活を通して可能となった異種間の非言語交信と、それによって気がついた真実。

「犬は自分が持っているものを100%他者に与える。犬は自分自身を他者に惜しまず与え、心で正しい関係を作りあげる。」

「五感が感知するすべての対象の背後には、人間であれ、動物であれ、山川草木であれ、その対象物が存在しているように見えるまさにその場所で、精神的かつ霊的な「事実」が息づいている。それはふつうの人間の視覚では認識できないが、澄み切った「内部の目」には、いつでもはっきりと映っている。」

「精神のパイオニアたちは、その達観と洞察によって、ふつうの目に見える物理的な現象はおよそリアルな事実ではなく、神がつくった模造品、錯覚にもとづく仮想現実、集団催眠による歪曲像、つまりは人間の「概念」にすぎないと看破した。いみじくもシェークスピアがいったように、「われわれは夢と同じ材料でできて」いるのだ。」

「私はすべての生き物をつなぐ血縁関係という琴線に触れただけであり、あとは起こるべきことが事前に起こっただけだったのだ。」

「「永遠にいたるあらゆるわざの中でも、永遠との最短距離にある」という「失われたも同然の耳をすますわざ」の習得に全精力を傾け始めて、私は急速な進歩をとげたのであった。」

「かれからの答えは、ごくごく微弱な衝撃を伴って返ってきた。それは必要な情報をすべて含んだ「細く静かな声」のささやきとして、唐突な気づきとして、啓示的なひらめきとして、不意の悟りとして、特定の問題を解決するための明快な指示として、私の受信装置に入ってきた。」

「互いの境界を超えて初めて、その境界が人間の五感という暗い迷妄の中だけのものであり、われわれを隔てる境界などはそもそも最初からなかったのだということに気がついたのである。」

「ストロングハートは「思えば成る」という教訓を教えてくれた。彼は想念が一種の物質であり、そのまま現実の形成に寄与するものであるという事実を教え、納得させてくれた。」

「私も犬も他の生き物も、その内面生活は決して秘密でも私的なものでもない。われわれはみんな精神的には立派なヌーディストであり、常に公衆の面前に素っ裸の姿をさらし、観察され、評価されているのである。」

「ほとんどの動物は、常に純真無垢な心で純粋な動機によって生きている。すべての生き物と仲良くやっていく気なら、私もまた純真無垢な心で、純粋な動機によって生きなければならないといことを学んだ。」

「正しい関係を結ぶための秘訣を身に着けたいと思ったら、人や物事の長所だけに、すなわち神性だけに目をやり、あとはみな神に委ねることだ。」

「ハエのフレディーは生きることにあくまでも意欲的であり、瞬間瞬間において、ただ彼自身であるということから大いなる幸福を引き出す能力に恵まれていた。」

この人はハエとも心を通じ合わせて、さらに教えまで請うてしまいましたからねえ。
偉大です。
13 : 13 : 13 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「スイス人銀行家の教え」本田健著2004年
2011 / 01 / 02 ( Sun )
「スイス人銀行家の教え」本田健著 2004年

「お金から開放されると心から決めた人間だけが自由になれるんだよ。お金持ちになりたいと願うこと自体がお金に縛られるという結果を生む。幸せになりたければ、そう決めるだけでいい。」

「普通の人ほどもらうことへの感謝が足りず、逆にいつも少ないといって不満を持っている。お金と感謝でつきあう生き方ができればお金のストレスから無縁になれるというのにね。」

「いやな仕事でも、やらなければいけないことは100%の力を注いで一息に片付けてしまうことだ。それを楽しもうと決めてとことんやり遂げてしまう。一番いけないのはなんとなくダラダラ仕事をしてしまうことだね。」

「パートナーとの関係に満足しているとお金を使わなくなる。夫婦関係に不満があると夫は愛人を作り、妻は買い物をする。」

「ほとんどのカップルは、急に出てきた痛みに反応して逃げ回るので精一杯なのだ。相手を責めることで、痛みを感じないようにする。それを超えるには、ある程度の感情的な成熟さと勇気が必要。」

「お金と向かい合い、格闘することは、自分と向き合い、才能を開発し、人間性を高めることにも直結するのだよ。お金はその人の人間性をあぶりだす。」

「豊かな人生とは、好きなときに好きな人と好きな場所で好きなことを自由にできる状態。それさえあればかならずしもお金は必要ない。自分の人生に自由と心の平安の二つさえあれば、他に何がいると言うのだろう?」

「そのためには自分のうまれてきた目的につながることだよ。君の中に眠る豊かさと幸せの源泉につながればいいのだ。ハートをオープンにして、自分を分かち合うだけでいい。その際に、一切の出し惜しみをしてはいけない。ただ無条件に自分を差し出すのだ。」

「今この瞬間にも、お金に関する悲しみ、怒り、絶望は世界を覆っている。それはまさしく人間の人生に対する悲しみ、怒り、絶望でもある。自分が誰かを理解することなく、社会やお金、会社、家族にこづき回されて、混乱と恐れの中で人生を生きているのだ。」

「自分を知りなさい。自分の中にある痛み、偏見、傲慢さ、愛、友情などすべてを受け入れなさい。それができて初めて、君は真の自由人となる。」

「過去を受け入れ、未来をしっかりと見つめ、現在を真剣に生きるのだ。」

ユダヤ人大富豪もすごいけど、この方もすごい。
ユダヤ人大富豪は自分の夢を「お金のいらない世界を作ること」と言っていて、
この銀行家は「お金を怒り、憎しみ、嫉妬、喜びなどのしがらみから開放してやってほしい」と言っている。考えるスケールが全然違うよ。は~、めっちゃすごい。
15 : 15 : 15 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
禁断の「一目ぼれ」テクニック「一瞬で相手をオトす洗脳術」苫米地英人著2009年
2010 / 12 / 29 ( Wed )
この本面白かった~、実際効くんじゃないかな?

簡単に書くと
①自分がリラックスし、相手と呼吸を合わせる。
②「幸せで楽しい」「最高に嬉しい」という情動を維持する。
③視線を相手の目と目の間を見て、焦点距離を手前にしたり後ろにしたりして相手の目を動かす。
④この時、他に注意を与えず、相手の目の前に自分の顔があること。

すごいよ~、よっしー試してみて(笑)

21 : 21 : 21 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
11月17日(水)のYukitan
2010 / 11 / 17 ( Wed )
「ユダヤ人大富豪の教え」の中で特に感動したところ。

「人は本来誰かを助けたいものだ。誰か人を助けることができたとき、その人は精神的な安らぎと満足感を得るものだ。そう考えると、できるだけ多くの人に助けてもらうだけの人間としての器を持つことがとても大事だ。もし自分でできたとしても、できるだけ多くの人を巻き込んで助けてもらうことだ。」

「人は、誰かと人間的なつながりを感じたときに初めて幸せを味わうのだよ。誰かと深い絆を感じたとき、深い心の平安を得るのだ。」

「人と良好な関係を保つには、自分に正直になること、自分らしくいること、人の話をしっかり聞くこと、相手のことを大切に扱うこと、自分の本当の気持ちを相手に誠実に伝えること。」

できるだけ多くの人を巻き込んで助けてもらう、なんて発想は今までの私にはこれっぽっちもなかった。できるだけ一人でやろうとしてたし、手伝おうと言ってくれる人がいても確実に断っていた。そして、母が私の申し出をいつも断っていたというのは、ただ私の姿を見せてくれてただけだった。

誰かと人間的なつながりを感じたときに始めて幸せを味わう・・・これも私が無視し続けてきたこと。一人で生きていこうと思いつつ、なんかむなしかったのはこのせいだったんだ。

そしてすべての基本は「価値満タン」ということだ。

だけど「汚いことしないと金持ちになれない」とか「金持ちはせこい」なんていう世間の観念はどこからきたんだろう?この本を読むとまったく逆だ。

話変わって、きのう奥多摩や埼玉の登山ガイドを図書館で借りてきて(ハイキングという本はなかった)、今日もし晴れたら行ってみようかと思ったけど天気悪くて行かなかった。しかももう寒いから来年の春にしようかなあ??みんなでいけたらいいなあ。

体重54.6kg。



23 : 23 : 23 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ユダヤ人大富豪の教え」
2010 / 11 / 15 ( Mon )
「ユダヤ人大富豪の教え」本田健著/2003年

めちゃくちゃおもしろかった!
言ってることがミツさんやバシャールと同じところなのがすごい。

例えば、
1.現実は自分が作っている。
2.今に集中することが大事。
3.与えた物が自分に返ってくる。
4.まず、なりたい自分を想像することでそうなることができる。
5.自分の大好きなことをやらなければ幸せな金持ちにはなれない。
6.人生に起こることはすべて中立であって、良いも悪いもない。
7.淡々と生きることが一番大切。

ミツさんこの本パクってない?(笑)

11 : 11 : 11 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒトは本当に猫と話せるのか
2010 / 10 / 24 ( Sun )
「ヒトは本当に猫と話せるのか?」ソニア・フィッツパトリック著/アーティストハウス/2003年

ここまで動物と会話できるとは思ってなかった。
だってもっと断片的なイメージかと思ってたのに、ちゃんと文章で「会話」してるんだもん。

それとこの本のいいところは、会話のしかたを教えているところ。

「猫と話せる私の能力は、誰でも身につけることができるものだ。必要とされるもっとも重要な道具は、想像力、信頼、そして、私達はたんなる人間の姿以上の存在だと理解することだ。」

「人間にとって、言葉で話すことは当たり前になっているので、口にされた言葉の裏にある視覚化のプロセスを軽視しがちだ。猫は映像、感覚、感情を総動員して利用する。猫の言葉を学ぼうと思うなら、猫が意思伝達の過程で用いる道具を正しく把握するだけではなく、私達自信の本能、直感、感情もフルに使わなくてはならない。」

「想像の精神世界で猫に「なる」。猫であることがどういう感覚なのかを知ると、猫の世界に入り込んで、それを共有することができるようになる。猫の肉体がいかに敏感かを悟るようになれば、猫の無言の言語に対して認識力が研ぎ澄まされていく。想像力を使うことによって、精神的、肉体的に、あなたの猫と意思伝達をする容易が整うのだ。」

「猫とコミュニケーションするために役立つ技術:準備
①5分くらいかけて、座って、目を閉じ、深呼吸をしてリラックスしよう。
②あなたのペットのことを考えよう。彼の存在を想像して、自分も猫だと想像しよう。
③あなたの新しい猫の体はきわめて敏感だと想像しよう。また、精神を使って、体の内側に話しかけ、接触しよう。思念を心臓、肝臓、腎臓、腸、肺、膀胱、血液、骨、筋肉に投射し、それぞれの内蔵に触れ、そこから放射されるエネルギーを意識すること。毎日時間を割いて練習と訓練をすることが上達のコツ。
次のステップ
①あなたの猫の姿を思い描こう。あなたの思念と心象がテレパシーによって放射され、猫はあなたのイメージを受け取る。
②猫の名前を呼ぶときは、猫の姿を頭に思い浮かべよう。
③あなたの猫のことを考えるとき、愛情を込めれば、猫はそれを感じ取る。
④何か言いたいことがないか、猫に尋ねてみよう。そして、猫があなたに返事を伝えるところを想像しよう。
⑤何かできることはないかと、猫に尋ねてみよう。答えとして心に浮かぶイメージや思念は必ず受けいれ、その歳には愛情を抱くようにしよう。受け取ったものが何であれ、受け入れることを心がけよう。
⑥質問を続ける。ただし、同じ質問を繰り返さないこと。
*コミュニケーションの間、何を感じ、察知し、聞き、経験しても、それを信じるように。疑問を呈することなく、ひたすら自分の想像力、直感力、感情を信じよう。
*訓練を続け、楽観的になることが慣用だ。しばらく訓練すれば、いつでも、どんなに離れていても、あなたの猫に話かけることができるようになるだろう。」

・・・「自分が猫になる」っていうのがおもしろい。実際著者は猫と会話していると何度も猫に「あなたは猫か?」と聞かれてる。それと、いろんな猫の言い分を読んで、部屋の中で暮らすことを好む猫がいると知って安心したし、出かける前にはその旨を猫に伝えたり、出先から語りかけたりすることにした。いやいや、すごい本でした。
09 : 20 : 57 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月16日(土)のYukitan
2010 / 10 / 16 ( Sat )
「暮らしの手帖43」に載っていた靴下で作るウサギのぬいぐるみがかわいかったので、
作ってみたら・・・・
画像 023



































画像 024
うえ~~ん、全然イメージ違うよおおお。
グルーミットになっちゃったよおおお。



昨夜英会話の帰りにジュンク堂に寄って、1度も歩いたことのない音楽セクションをぶらつき、
目についたこの本を拾い読みしてみたら、
未来永劫への祈り―誇りと夢を持って 狂言和泉流宗家未来永劫への祈り―誇りと夢を持って 狂言和泉流宗家
(2010/09)
和泉 節子

商品詳細を見る

・・・・・すごくよかった。
マスコミのデマや取材攻勢のひどさや、節子さんがどれだけ真剣に一途に家族や芸能を守ってきたかがよくわかった。彼女は素晴らしい頑張り屋さんです。

こないだ兄が、また猫まんがを数冊置いていったんだけど、これがおもしろい。
まんがなんかずっと読んでなかったけど、寝る前に笑うには丁度いいわ。
でもめちゃくちゃたばこ臭くて、目が痛くなるのが難点(笑)。

それにしても疲れがとれない。
咳が治まったと思ったら、鼻がぐずぐずして熱っぽくなってきたし。


09 : 22 : 30 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月5日(火)朝のYukitan
2010 / 10 / 05 ( Tue )
体重55.0kg。

兄が猫まんがを数冊置いていったので読んだら、めっちゃおもしろかった。
1冊は「菱川さんと猫」萩尾望都(原作田中アコ)。
もう1冊は「くるねこ」くるねこ大和。
「菱川さん」は泣けたし、「くるねこ」は大笑い、気持ちが軽くなった。
兄はかなりたばこ臭かったけど、このまんが本もたばこ臭い、おそろしや~。

昨夜「ビューティーコロシアム・芸能人ダイエット」見た、
お笑い芸人さんて大変だなあ、好きな人に告白までしなくちゃいけないんだもん。
こないだ私も演技のまね事をして、それがどれだけ恥ずかしいかよくわかった。
07 : 55 : 40 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月28日(火)のYukitan
2010 / 09 / 28 ( Tue )
今日は火曜日だったか・・・。

「ラーメンガール」という映画を見た。
西田敏行と余貴美子がやってるラーメン屋さんでアメリカ人の女の子が修行する話。
題材も人材もよかったのに、ずいぶん素人っぽい作りでもったいなかった。
新鮮で高級な材料仕入れたのに、なんでこんなにおいしくない物作れるの~?って感じ。

こないだルバーブパイを作る時、フィリングにしようと思ってルバーブジャム(ルバーブ300g砂糖100g)を作ったけど結局使わなかったので、それをマフィンに入れてみたら・・・・
普通だった、あら~~~。

23 : 09 : 17 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月27日(月)朝のYukitan
2010 / 09 / 27 ( Mon )
体重54.8kg。55.8kgかと思って焦った。

朝目が覚めたらもう9時を過ぎていた。
寒い朝に寝床で猫とぬくぬくするこの幸せ。

昨夜3chでやってたサンデル教授の東大での講義を見ることができた。
手をあげて意見を言ってた人達が、他の意見を非難することなく淡々と述べていたことに好感が持てた。講義が終わったあとにインタビューされてた人達も、競争意識や批判的態度が見られず、ほのぼのとしててよかった。これもサンデル教授の人気の秘密だと思う、みんな知らず知らずのうちにいい人になってしまうという(笑)。
だけど帰国子女と思われる、ネイティブ並みに英語を話す若者のなんと多かったことか!あたしにゃあとっても無理。発音が悪いのはもちろん、あんなに素早く文章を作れない。素早くなくても作れないし。

サンデル教授は「日本の友人に、日本人は手を挙げて意見を言ったりしないと言われたけど、そんなことはなかった」と言っていたけど、それはサンデル教授の授業がこういうものだというみんなの暗黙の了解があったからできたことで、そうでなければやっぱり手を挙げる人は少ないだろうなあ。

ガブたんはすっかりこたつの住人。
11 : 01 : 52 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「哲学のなぐさめ」アラン・ド・ボトン著2002年
2010 / 09 / 02 ( Thu )
哲学なんて難解なうえに無意味だと思ってたけど、全然違った。
いや、実際難解なのかもしれないけど、こうやって解説を入れてくれると非常にわかりやすい。

「ソクラテスの方法は教えているーーーある意見が正しいかどうかは、大多数の人に支持されているからとか、そんなことでは決められない、と。確立した見方というものも、過ちの無い推理を経て生まれた物ではなく、しばしば何世紀にも渡る知的混乱から生まれたものに過ぎない。ものごとが、いまあるかたちであることに、ちゃんとした理由などないかもしれないのだから。」

「”できるだけ多くの金を手に入れるとか、人によく思われたいとか、名誉を得ることとかには気を使いながら、あなたの魂の真実とか理解とか完成とかは、気にもしなければ考えてみようともしない。そんなことで恥ずかしくないんですか”ソクラテス<ソクラテスの弁明>」

「あなたが気にしなければならないのは、あなたに反対する人たちの数なんかじゃなく、彼らが反対する理由がどれほどちゃんとしたものかということなのだ。」

「”最大の富を所有しても、それによって、魂の動揺を解決することも、目を見張るほどの喜びを生むこともない”エピクリス<ヴァティカン写本>」

「私達が傷つけられたとき、傷つけたものごとは「わざと」そうしたのだと考えたくなる。鉛筆がテーブルから落ちた時、「私をいらだたせるために、鉛筆がテーブルから落ちた」というふうに。」

「”誰もが自分が慣れ親しんでいないことを野蛮と呼ぶ。われわれは自分の国で行われているものの見方や慣習の例や型以外に、真実や正しい理由を判断する基準を持たない。自分の国では、いつでも完璧な宗教を、完璧な政策を、何事にもあれもっとも進歩した完璧なやり方を見出すとでも言うのだろうか!”モンテーニュ<エセー>」

「本当に賢い人々は、何を知っていなければならないかーーー事実を知っていなければならない。」

「”もし人生や生活が楽しい状態であるならば、誰しも意識のない眠りにはしぶしぶ近づき、そこから喜び勇んで再び起き上がることだろう。だた事実はまさしくその真反対だ。誰しもいそいそと眠りにつき、しぶしぶ再び起きるのだから。”ショーペン・ハウアー<遺稿>」

「経験抜きで偉大な芸術作品を生み出すことはできない。そして最初の失敗と成功との合間に、いつの日かなりたいと望む自分と現在の自分との間の落差に、苦痛と心配と嫉妬と屈辱にまみれることは避けられない。」

「不安はパニックに突き落とすかもしれないが、何が間違っているのか正確に分析する行動にも導く。不正をこうむったと感じれば殺人に突っ走るかもしれないが、まったく新しい経済理論の樹立に向かわせるかもしれない。嫉妬は苦い思いをもたらすかもしれないが、ライバルとの競争に全力を傾けさせて傑作を生み出させるかもしれない。」

「”幸福と不幸は姉妹であり、双生児でさえあると言っていいのであって、一緒に育つか、でなければきみたちの場合のように、一緒に小さいままでいるしかないのだから”ニーチェ<愉しい知識>」

「私達をいい気持ちにさせてくれるものすべてが、わたしたちにとって良いものであるとは限らない。私達を傷つけるすべてのものが、私達にとって悪いものであるとは限らないのだ。”苦難の状態をひとからげに障害とみなし、廃棄すべきものとみなすのは、このうえない愚行だ。大局を見るなら、その結果は本物の災厄となる・・・ほとんど悪天候を始末しようという意志に等しくなる。”ニーチェ<この人を見よ>」

・・・・この本に載ってることのほとんどは、私が読んでるスピリチュアルの本と同じだった。学校で「道徳」なんかやらないで「哲学」の授業やったほうがいいんじゃないの?「消費は美徳」なんて言っていた国には無理だろうけど。

最後のニーチェの文章は「飲酒は絶対によくない」という思いに基づくものらしいけど、同感。「酒を飲むのはいいことだ」なんて、酒を買わそうとする奴らの策略でしかないし、「みんながやってるから」って言葉を言い訳にする人はよくいるけど、これほど無意味でばかげた言葉はない。
13 : 05 : 03 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月26日(木)朝のYukitan
2010 / 08 / 26 ( Thu )
体重54.6kg。

昨夜10時にエアコン切ったら暑くて暑くて眠れなかった、参った。

「モロッコで断食(下)」たかのてるこ著、冬幻社2002年、
おもしろくて、きのう借りて一気に読み、夜中に読み終わった。
(フジテレビでドキュメンタリー番組として放送されたらしい。)

旅先で出会う日本人や現地の人たちの優しくオープンなことと言ったら。
初めて会う旅人の著者を夕食に招いたり、家に泊めたり。
もちろん著者本人もオープンで人懐っこい人なんだろう。

宿泊していた都市部で知り合った無職青年の山奥の故郷に一緒に行った時、
バスは途中までしか行かず、あとは何もない山中で村人の車が通るのをあても無く待ち続けたり。
そこに数日滞在して戻ってくる途中に、車が崖から落っこちて九死に一生を得たり。
とっても刺激的だった。

この本の中の写真の子供達(大人でさえも!)の笑顔は、他で見る写真同様に無邪気で屈託がない。今の私はこんな風に笑えない。じゃあ子供の時はできていたのか?
だとしたらいつからできなくなったんだ?

土曜日に行ってる日本語教室で「キッズボランティア」とかいう企画が進行中。
子供に、外国人の話し相手になってもらうという趣旨らしいけど、話をするのは母親ばかり。
子供はそっちのけになってしまうので走り回って騒いで、もう大変。
子供に話をさせようというのなら、母親はそばにいるべきじゃない。
(だいたい子供に大人の話相手をさせようとすること自体無理。)

かわいい子には旅をさせろというけど、まったくもって賛成。

08 : 40 : 55 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月21日(土)朝のYukitan
2010 / 08 / 21 ( Sat )
うわ~~ん、やっちゃったよ~~。
NHKBSの「ハーバード白熱教室」最終回見逃した~~
教育TVでやってた時も時々見ていて(時々見忘れて)、全20回のつもりしてたので
(今週月曜日から毎日2回分放送)来週一杯やるんだろうなあと勝手に決めてたら12回だった、
この思い込みの強さにがっかり。ちょっと確かめればそれで済んだのにいい!

この番組は、ハーバード大学の講堂で行われたマイケル・サンデルという哲学の教授の講義。
学生に意見を言うように促すと、ちゃんと手を挙げる人がいるんだからすごい。
教授も「それは違う」と否定することなく、自由に意見を言わせるのがいい。
さらにこの講堂がクラシックですごくいい。日本の無味乾燥な現代建築とは大違い。

英語で聞いてるとかなりちんぷんかんぷんで眠くなったりしてたけど(笑)、
なんか好きだったんだよね~。

この教授が8/25に東大で講義をするというので、受講申し込みをしたけどはずれたみたい、
うんともすんとも言ってこないわ、NHKのやつめ。



12 : 53 : 05 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月27日(火)のYukitan
2010 / 07 / 27 ( Tue )
体重54.8kg。

「天使の世界へようこそ」越智啓子著を読んでいた。とっても明るく楽しく面白かった。
以前ブログに「天使なんていない」みたいに書いたことをめちゃ後悔。まっこと無知でした。

それで思いついた、猫の名前はガブリエル(通称ガビたん)がいいか?
デスパレートな妻たちの中にも同じ名前の登場人物がいて、音の感じがかわいかったから。

そのガビたんの青い目が、ちょっと黄色っぽくなってきた。
今日もエアコンつけなかったけど、どってことないみたい。
南部屋の最高気温は35度、北部屋は33~34度(目盛りが小さすぎてよくわからん)。

夕方久しぶりにドーナツ作った。
油の中に生地を落としたら・・・バラバラに分解した、なんで??

そういえば今朝の脳トレはおもしろいくらいうまくいった。
努力しなくてもちょいちょいとできちゃって、脳年齢20歳、最高記録。

今日の新聞:
メキシコ北部の刑務所で、刑務所幹部が囚人に銃を持たせ、少なくとも3件の大量殺人を行わせていたことが判明した。2月1日と5月15日には計16人、7月18日には17人が殺されている。目撃者によると、囚人たちは復讐の手順を教えられ、刑務所の車と銃を使って処刑を行ったという。
・・・メキシコは壊れてる。
21 : 40 : 37 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月23日(金)朝のYukitan
2010 / 07 / 23 ( Fri )
体重54.2kg。

暑くて暑くて明け方に目が覚めた。
肌はちくちく、さわさわしてやな感じだったし。
猫の肉球は熱くなってるけど、平気な顔してる、強いなあ。

昨夜のNHKの「にほんGO!」がおもしろかった。
「やばい」が「非常にいい」という意味で使われだしてるという話と、
女の子が自分のことを「僕」という話。
掘り下げてみると二つとも奥が深く、司会者やパネリストの話も軽妙で笑えた。
「クローズアップ現代」なんかよりよっぽど深くてためになる。

そのあとのサラリーマン・ネオも見ちゃった。
話が面白かったのはもちろん、役者さんが上手だったのがよかった。
07 : 23 : 54 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「日本のオーラ」江原啓之著 (新潮社2007年)
2010 / 07 / 12 ( Mon )
おもしろくて一気に読んだ。

「たましいの傾向を見ると、比較的に強く猛々しいたましいが、柔軟性や弱さを学ぶために女性に生まれてきます。逆に弱くて繊細なたましいが、強さを学ぶために男性に生まれてくるのです。」
「凶悪な霊に憑依され、コントロールされやすいのは男性のほうが多いようです。憑依霊がその肉体や精神に影響を及ぼそうとしても、女性のほうが頑固で抵抗するからです。憑依に対しても男性は素直で諦めやすい。」
・・・・・「女性のほうが逞しい」っていうのは気のせいじゃなかったんだ(笑)。そして男の人がすぐに「しょうがないよ」と言って諦めるのは、日本文化のせいばかりじゃないんだ。

「たましいの幼稚化と物質主義的価値観の蔓延、これが今日の日本の性を覆っている現状ではないでしょうか。」
「夫婦の間で性の不一致に不満を漏らす人がいます。しかし、そうした人は、肉体の快楽で夫婦の相性を見ているわけですから、物質主義的価値観に染まってしまっているといえます。少し考えてみてください。一番いいのは、肉体のセックスではなくて、心のセックスなのではないでしょうか。」
・・・・・耳が痛い(笑)。結局世の中何でも楽なほうに流れているように思う。心の交流を持つのは難しいし面倒だし傷つくのが怖いから体だけでいいや、みたいな。ちょっと反省。

「本来の愛国心とは、日本の文化、日本の美学、日本の思想、それこそ「日本の教養」を見つめ直し、それらを愛することではないでしょうか。それは決してアメリカ的な物質主義的価値観でもなければ、弱肉強食の理論でもないと考えています。ところが、現実には愛国心、愛国心とうたいながら、政治や経済ではアメリカに追随して、マネすることばかりを考えているのではないでしょうか。」
・・・・・この文章を読んで、どうやって日本を愛していいのかが私の中ではっきりした。
日本語にも益々愛着が増した(私って単純)。

「戦後の教育はみんな同じでなければならないという前提で行われていたように思います。それは、個性を否定してしまうのと同時に、人と同じでないと我慢ができない人間を育てることにもなってしまったのではないでしょうか。」
「日本人の多くが、自らの老いを受け入れることが下手になって、若い人と変わらないようなことをするのも、結局は同じことのようにも思えます。昔は、年齢や立場にふさわしい風格を世間が求めていました。今の時代は、「人格者」や「できた人」が褒め言葉ではなくなり、死後になった時代です。現代人への褒め言葉は、「いつもお若い」とか「いつも素敵な服を着ている」とか、本当に”見てくれ”ばかりになってしまいました。」
・・・・・めっちゃ耳痛い!「風格」「人格者」なんて言葉久しぶりに聞いたし。自分がどれだけ物質主義的価値観に漬かっていたかよくわかった。

江原さんは大衆迎合してしまったのではと思ってたけど、そんなことはなかった。
日本の「神との対話」とも言える本、とってもよかった。
21 : 16 : 50 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月14日(月)のYukitan
2010 / 07 / 12 ( Mon )
体重54.8kg。

10時45分からハローワークの失業認定。
帰りに、板橋区の中央図書館へ寄って本の返却。
この図書館はいつも行く図書館とはまったく逆方向にあり、
2週間前に日本語文法の本を借りたのが、初めての訪館。
前回は日本語コーナーしか見なかったけど、よく見たらおもしろそうな本が一杯。
洋書もあって、ひさしぶりにワクワク!
で、借りたのがこれらの本。

画像 028

「声に出して読みたい日本語」、想像以上にいい!
最近になってやっと自分の日本語力の貧困さと、日本語の楽しさに気がついたYukitan、
もっと早く気がついて欲しかった・・・。

画像 030
画像 029

この雪の結晶はめっちゃ綺麗で感動的!頬ずりしたくなるほど(笑)。
ここまで美しいとは思わなかった。

そろそろモロヘイヤの季節だと思っていたら、今日イイダに出ていたのでウハウハで買って、
初めて「モロヘイヤ入りヴィシソワーズ」を作ってみたけど、味は・・・普通だった

ルバーブジャムをおいしく食べるためにスコーンを作ったら、もう小麦粉が無くなった。
まだ買ってから一ヶ月経ってないと思う。こないだ1kg158円の時買っておけばよかった~~。

砥石は威力を発揮してる。数回包丁を当てただけで、切れ味が増す。

20 : 26 : 53 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「暗記力」齊藤孝著(NTT出版、2010年3月)
2010 / 07 / 05 ( Mon )
おもしろかった~。昨晩一気に読んだ、字も大きいし(笑)。

著者は、「幼い頃から暗記力を鍛えたほうが、創造性を発揮しやすくなる。暗記力を毛嫌いした日本人が、どんどん頭のタフさを失っていくのも、また偶然ではない。」ということを例をあげて説明しながら、熱く語っている。

また、「暗記」は言語能力の「型」を訓練することと同じであると言い、
「暗唱を繰り返していたら、愚直に反復をおこなうことを勉強できることにもなります。武道やスポーツの世界でも、愚直でなければ強くなれません。勉強の世界もそうです。チョコチョコした小利口な人物がふえているからこそ、どっしりと愚直に進んでいける力を、暗記などの地味な作業の繰り返しから育んで貰いたいなあと思っています。」と言っている。
東大に合格するほど数学ができるようになった人は一冊のスタンダードなものを10回解いたという、普通飽きてしまって2回も解けないというのに。

あとがきでは、「暗記は努力次第であるところにも、訓練の意味があると思います。復習して努力することは、生きるスタイルにも重なるのですから。努力するということ自体を、暗記の作業で覚えることになるのです。暗記をつづけていると「努力するってこういうことなんだ」という原型ができるのです。暗記することから逃げているというのは、努力することから逃げているわけなのですから。」と書いているけど、まったく同感。

大学では生徒に読書の課題を出し、お気に入りの言葉に線を引かせてそのうちのベスト3を選ぶように指示しておく。授業でそれを発表してもらい、なぜいいのかを説明させる。そうすることによって他人の思いを理解できるし、他の生徒が挙げた箇所にも線を引かせるから、本は線で一杯になり、何度も復唱するから覚えやすくもなるという。
いいなあ~、大学入学してこの先生の授業受けたい!!

私はこの著者に対してはちょっと「要領よく立ち回るいけすかない人物」という偏見を持っていたけど、全然違うということが今回はっきりした。「理屈ばっかりで情熱の無い本」は好きじゃないけど、この本はその正反対。なんか元気が出てきちゃった。(空手をやっていたというのもいい、きのうの禅のお坊さんも合気道などをやったと言ってたけど、文武両道の人は好き。)しかもこの方、NHKの「にほんごであそぼ」の総合指揮をしているというので、なるほどと思った。時々あの番組見てたけど、おもしろいんだよね~。

私も5年くらい前、急に「般若心経」を暗記したくなって暗記したけど、方向的には間違ってなかったんだ(笑)。
07 : 24 : 03 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月20日(日)のYukitan
2010 / 06 / 20 ( Sun )
体重54.8kg。昨夜もカラムーチョやらクッキーやら食べすぎた。

昼頃公園散歩。

The Answer is Simple: Oracle CardsThe Answer is Simple: Oracle Cards
(2009/01/15)
Sonia Choquette

商品詳細を見る

ソニア・ショケットのオラクルカード、あまりにかわいかったので買ってしまった。
(でもガイドブックの中に印刷されてないページが数ページあった~~~。)
カードは62枚、言葉もわかりやすくて"Look Forward""Love Your Body""Be Patient"など。
ちょっとわかりにくい表現もあり「日本語見よう」と思ったら、そんなもんなかった・・・。

試しに1枚ひいたら"Put Others First"(他の人を優先させる)
「自分の予定を多少変更させても、他の人の用事にあわせましょう。そうすることによってよりよいことが起こります。エゴは邪魔されることを嫌うので、計画変更をつらくて不快な試練にしてしまいます。しかし魂は柔軟で、いかなることにも対応可能なので、あなたの自己中心的な興味をいつでも慈愛に溢れた行為に変えてくれます。むきにならずに変更を楽しみましょう。」
特に「計画」も、新しい「予定」もないけれど(笑)。
19 : 13 : 51 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月7日(月)朝のYukitan
2010 / 06 / 07 ( Mon )
体重53.8kg、やった!

新聞が休刊なので、気分的に軽い、よかった。
The Daily Yomiuriが今の私の教材なのだけど、「読んでわからなかったらどうしよ」って
毎日びくびくしてんだよね~(笑)。自分で設定したノルマもあるし。

「エンジェル・メッセージ」ドリーン・バーチュー著KKベストセラーズ2006年を久しぶりに開く。

「そもそも夢の内容を論理的に考える必要などないのです。」

「あなたという存在の本質は、物質界に帰属するものではありません。今は肉体をもって物質界に生きているあなたの本質は、あなたがたが天界と呼ぶところにあります。」

「あなたには正しい選択をする能力があり、それを今この瞬間に発揮する能力がそなわっています。あなたを待ちうけ、襲いかかろうとしているものなどありません。それはあなた自身が生み出すものなのです。どんな状況に置かれようとも、あなたはきっとうまく切り抜けます。あなたが飢えたり、破滅することなどありえません。あなたの目の前に伸びている道には、あなたにとって必要なものがすべてそろっています。あなたは、必要なものを組み合わせていくことだけに責任をもてばいいのです。」

・・・・こういった本を読まない人ってどうやって生きているんだろう?
09 : 04 : 58 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5月23日(日)のYukitan①
2010 / 05 / 23 ( Sun )
料理研究家栗原はるみさんの英語はひどいけど、髪型もひどいよねえ。
もうちょっと前髪減らして、全体的にナチュラルな感じにすればいいのに、
誰か教えてあげる人はいないのか?

FOXライフでやってる変身番組"Style Her Famous"、日本人でもやって欲しいわあ。
あのスタッフが日本に来るとか、日本人が現地に行くとか。
その場合、一般女性じゃなくてお笑いタレントなんかでもいいかも。
またはまったくの日本版を日本人スタッフで作るとか。
以前はアメリカテレビ番組のぱくりなんかがよくあったけど、今は少ないのかな?

体重54.2kg。
昨夜寝る直前まで、ブログ「シリウス文明がやってくる」を読んだら、怖くなって眠れなくなっちゃった。「怖くて眠れない」なんて最近全然なかったな。
12 : 12 : 54 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
玄米汁菜
2010 / 05 / 04 ( Tue )
玄米汁菜 (講談社のお料理BOOK)玄米汁菜 (講談社のお料理BOOK)
(2008/09/20)
月森 紀子

商品詳細を見る


大豆だんごがおいしかった~~。
つぶしたゆで大豆100gに小麦粉大さじ3、しょうゆ小さじ1、塩少々をまるめてスープに入れて煮るだけ。

でもジンジャーブレッドはなかなか中まで焼けず、べたべたで味のしない蒸しパンみたいになっちゃった卵もバターも使わず、豆乳だけだからね、やっぱね。

たいていの料理本がタイトルに「野菜たっぷり」とか書いてあっても当然のごとく肉魚も使っているのに対して、この本は予想外にも肉魚はもちろん、卵、乳製品も使っていなかったので、得した気分。
懲りずにマフィンやスコーンも作ってみようかな~。

菜食もヘミシンク人口も、これからどんどん増えると思うYukitan。
08 : 44 : 19 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「体外離脱するサラリーマン」とみなが夢駆/ハート出版
2010 / 04 / 21 ( Wed )
体外離脱するサラリーマン体外離脱するサラリーマン
(2010/01/07)
とみなが 夢駆

商品詳細を見る

めちゃ楽しかった!
今日の午後配達されて一気に読んじゃった。
これを読むと「結局人生なんて楽しめばそれでいいんじゃん!?」みたいに思える(笑)。

私がヘミシンクという物を知ったのは去年読んだ「バシャールX坂本政道」でのこと。
確かバシャールは「闇雲にヘミシンクで高い能力を開発するのは危険」みたいに言ってたと思う。
それで深追いしなかったんだけど。俄然やりたくなった、っていうかやる(笑)。
そのうちヘミシンク売り切れ!海賊版で騙される人続出!てなことになるか(爆)。
ま、特殊能力が開発される人が増えれば世の中平和になるだろうけど。




23 : 01 : 58 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
4月16日(金)のYukitan
2010 / 04 / 16 ( Fri )
ドーナツ食べた。考えてみたら別に法律で禁止されてるわけでもないんで(笑)。
フツーのドーナツ食べたかったのにイイダにはなくて山崎の4個入り買ったけど、
グレーズがかかってて甘くて重くてびっくりだった。

私の思うフツーのドーナツとは、
①ケーキドーナツ(イーストを使っていない)。
②砂糖をまぶしてある、できればシナモンシュガー。
みんな口が肥えちゃって、こんなドーナツは売れないんですかねえ。
あ、思い出した以前不二家で売ってたっけ。

夜は英会話B、なんと7人。笑わないというか反応のない若者(男の子)が一人いた。
レベルは低かった。日本人の英語ってメリハリがなくて好きじゃないんだよね。

帰りに寄ったジュンク堂でみつけた本、イモムシハンドブック。
イモムシハンドブックイモムシハンドブック
(2010/04)
安田 守高橋 真弓

商品詳細を見る

昔誰かとこんな本あるといいねと話たことがある。ついに出たか。
気持ち悪いけど芸術的。どのイモムシがどんな成虫になるか興味をそそられる。
買わなかったけど(笑)。

私の生活は乱れ気味。
朝は起きれないし、昼間は眠い。
体重54.4kg。
21 : 22 : 51 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「本の運命」井上ひさし(1997年文芸春秋社)
2010 / 04 / 14 ( Wed )
とっても感動した。
内容がおもしろかったのはもちろん、文章に無駄がなく簡潔なのに盛りだくさん。
語り口が穏やかで、批判的攻撃的なところがなく心がほんわかした。
(世の男性のXXXも、こうあってもらいたい。)

「仙台での高校入学時に担任の先生に「脚本家になりたいから、毎朝映画館で映画を見たい」
と言うと「ま、いいだろう」と許可された。」
いや~信じられない。この自由さがたまらなくいい。

「大学生の頃図書館員の融通のきかなさに辟易して、必要な本は自分で買うことに決めて買い漁ったら、家の二階の床が抜けた。離婚の時すべての本を処分したら13万冊あった。」
すごいな~。まんがのような話(笑)。

「本を買ったら家に帰る前にひまそうな喫茶店に寄ってざっと目を通す。こうして一回撫で回すとやっと自分の本になったという気がする。本も他人行儀じゃなくなってきて、僕に囁いてくれるようになる。いわばこれは僕と本との新婚旅行。」
よくわかりますね~。買った直後は期待で一杯、まさしく遠足の前日みたいな心境だし、
「他人行儀じゃなくなる」って感じも的を射てる。
さらに氏は、カバーが邪魔なので本に貼り付け、その際栞としてたこ糸を何本か挟み込むという。
これはめちゃいいアイディア、あまりに素晴らしくて感激。

「泣く泣く古本屋に売った全集がアイオワ大学の図書館にあるという手紙をもらった。
また、落語の全集を買ったものの、あまりおもしろくなくて売り払ってしまったところ、数年後に仕事で必要となり古本屋で買い求めたら、まさしく自分が売った本だった。ひとつは自力でアメリカまで海を越え、もうひとつは元の所に戻ってくる。本は自分で運命を切り開いて行く。」
「本の運命」というタイトルはこの本にとっても合ってる。
そしてこの本がこれだけ良いのは、井上氏の本に対する愛情のなせるワザだと思った。

15 : 40 : 08 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「発見と驚き」養老孟司(1990年1月)
2010 / 03 / 28 ( Sun )
「発見とは驚くことである。驚かない発見は、たぶんたいした発見ではない。発見のこの愉快さは、脳の中でエンドルフィンが分泌される結果であるらしく、そのために科学者は発見中毒にかかる。」
「いったんこの中毒にかかると、もう一度あの快感を、と考えるようになる。それは麻薬中毒の症状と、基本的にはおそらく同じである。ただし麻薬の場合には、発見の驚きがなく、快感だけが与えられる。」
「この種の発見の驚きは、じつは子供の頃から中毒にかかっている。それは昆虫採集に凝ったからである。思わぬところで思わぬ虫を発見する。その驚きは何者にも替えがたい。」
「そんなことでは、私はべつに興奮しない。そういう声が聞こえる。それなら、段ボールに三億円でも発見すればいい。原生林のテナガコガネ(珍しい昆虫)が、竹やぶの段ボールに変わったところに、自然の貧困とそれに由来する人間性の堕落がある。そこに段ボールがあるのは、だれかが置いたからである。そこにテナガコガネがいるのは、誰かが置いたからではない。これはほとんど違わないようであるが、実は大きな違いである。自然の中には「なにがあるか、わからない」。そこに真の驚きがある。」
「三億円は使わなければ意味をなさない。なんのために使うか。結局は驚きを得るためである。発見をするためである。発見によって、エンドルフィンをださせるためである。」
「人間がいかに発見を求めているかは、ミステリーがはやるのを見てもわかる。これは人工物の典型である。昆虫発見のような純粋の発見は今ではほとんど得られない。だから代替物が必要であり、ゆえにミステリーが売れる。これは一国の文化にとって、あるいは人類の未来にとって、大変残念なことである。」
「なぜこんなふうになってしまったか。それはおそらく平和と安全を求めたからであろう。平和と安全には管理が必要で、管理とは先が読めることなのである。読めてしまっては、発見はない。」
「生きることとは、発見を求めることである。それは決して安全な作業ではない。人間が安全確実に生きられるようになったことは、ありがたいことである。しかし、その裏には、発見の喪失がある。生きることの喪失がある。」

ちくま哲学の森7「驚くこころ」に付録のようにくっついていた文章。
私ほんとにこの人好き。文章がうまいのはもちろん、それこそ発見がある。

私も同じことの繰り返しが嫌いで、一度見た映画や読んだ本をまた見たり読んだりはほとんどしないし、旅行も一度行ったことのあるところへは再度行きたいと思わない。新しい説や見解が大好き、だから本を読むとも言える。そうか、それは発見による快感が衝動となっていたんだ。ミステリーや最近はやりの人工のお花畑が嫌いなわけもわかった。めっちゃためになりました。

21 : 16 : 53 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
3月22日(月)のYukitan
2010 / 03 / 22 ( Mon )
マーサ・スチュワートが番組内で蛇や爬虫類を撫でてた。
そういう人好き。

「楽しいスケーティング」の本は、フィギュアスケートだけでなくスピードスケート、
アイスホッケーについても書かれているため、フィギュアについてはほんとに初歩の初歩しか
説明されていなかった。だから私は心の中で「もっと教えてください!」と叫んだね、ホント。

おもしろいのは文体が古臭いこと。
「このようにして、最初のウォーミングアップは、レースの始まる20分前には切り上げ、レースの始まる10分前に第2回目のウォーミングアップにかかる準備をする。第1回目のウォーミングアップ後、直ちに更衣場に入り、靴を脱いで足を休めなくてはいけない。もし、この更衣場が暖かであったらトレーニングシャツを脱ぐがよい。更衣場では歩行しているか横臥しているかどちらかにして、腰を掛けてはいけない。腰を掛けていると血行の停止を来たすからである。さらにこの時、スケートを整備し、エッジが鈍くなっていたならばこれを研ぐ。」
エッジは歩きながら又は寝ながら研ぐのだろうか?という疑問は残るけれど(笑)。

夕方ビリー②、ところどころ早送り。
ツバメがピチュピチュとおしゃべりするように鳴いているのが聞こえた。
体重53.6kg。
16 : 59 : 57 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3月7日(日)のYukitan
2010 / 03 / 07 ( Sun )
「楽しいスケーティング」発見、ちゃんと本棚に並んでた。

楽しいスケーティング

15年くらい前だったか、古本屋で300円で買ったもの。
両角政人著、昭和49年11月1日発行、成美同出版、定価650円。
Amazonで似たような本探したけどなかったから、めちゃ貴重。
イメージトレーニングしなくちゃ。

夕方ビリー②をやった。①がわりと楽だったから油断したけど、超~~~ハード!!!
そうか、すっかり忘れてた。
今朝の体重52.6kg。
17 : 12 : 39 | 本/映画/テレビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。